メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

国連のパレスチナ難民支援への拠出中止

 米国務省のナウアート報道官は8月31日、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)への拠出を中止すると発表した。米国の負担が他国より重い上、対象の難民が増え続けて支援は「持続不可能」と批判。530万人超のパレスチナ難民の人道危機がさらに悪化する恐れがあり、国際社会の反発は必至だ。

 トランプ政権との対立を深めるパレスチナ自治政府に圧力をかけて、米主導の中東和平交渉の席に着かせる狙いがあるとみられる。

 ナウアート氏はUNRWAについて「支援の受益者を際限なく増やし続けており持続可能性がなく、長年、危…

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文646文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです