メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アレサ・フランクリンさん

「ソウルの女王」にお別れ

アリアナ・グランデさん=AP

 米音楽界を代表する「ソウルの女王」、黒人歌手アレサ・フランクリンさんの葬儀が8月31日、地元の中西部ミシガン州デトロイトの教会で開かれた。クリントン元大統領ら著名人が弔辞を述べ、スティービー・ワンダーさんやアリアナ・グランデさんら人気ミュージシャンが演奏をささげた。

 教会周囲では大勢のファンが会場を映す大型スクリーンに見入った。フランクリンさんのヒット曲「フリーウェイ・オブ・ラブ」の歌詞にちなみ約100台のピンク色のキャデラックも集結。1960年代のデビュー以来、ソウル音楽に大きな足跡を残…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文620文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  4. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で
  5. テニス 大坂「成功より幸福感が大事」 コーチ解消を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです