メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アリアナ・グランデさん=AP

 米音楽界を代表する「ソウルの女王」、黒人歌手アレサ・フランクリンさんの葬儀が8月31日、地元の中西部ミシガン州デトロイトの教会で開かれた。クリントン元大統領ら著名人が弔辞を述べ、スティービー・ワンダーさんやアリアナ・グランデさんら人気ミュージシャンが演奏をささげた。

 教会周囲では大勢のファンが会場を映す大型スクリーンに見入った。フランクリンさんのヒット曲「フリーウェイ・オブ・ラブ」の歌詞にちなみ約100台のピンク色のキャデラックも集結。1960年代のデビュー以来、ソウル音楽に大きな足跡を残…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文620文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです