メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンビニ

群馬など展開「セーブオン」35年の歴史に幕

取り外されたセーブオンの看板=前橋市新堀町のセーブオン前橋南インター店で、2018年8月31日午後1時26分、菊池陽南子撮影

 群馬県内を中心に展開してきたコンビニエンスストア「セーブオン」(前橋市)が31日、35年の歴史に幕を閉じた。「39円アイス」や「焼きまんじゅう」など安さと地元ならではの品ぞろえで県民に愛されてきただけに惜しむ声があがった。今後、大半の店がローソンに看板が変わるが、「焼きまんじゅう」の販売は一部店舗で続く。

 31日午前7時、セーブオンの157店舗が営業を終了した。JR前橋駅前のエキータ前橋店では、閉店ぎり…

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文800文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 熱血!与良政談 改革後19年の惨状=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです