メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防災の日

「窓を割る」「着替えに」役立つふろしき本発売

ふろしき防災BOOKの表紙

 「防災の日」の1日に合わせ、日本風呂敷協会(京都市中京区)が冊子「いざというとき こんなに役立つ! ふろしき防災BOOK」を刊行した。風呂敷に重りを入れて結び、地震などで開かなくなった窓を割る「ハンマー」、避難所で便利な「着替えの囲い」、レジ袋と合わせて作る「給水袋」などの活用法をイラスト入りで紹介。専門家の監修やこれまでの被災地での活用例も取り入れ、約3年かけて完成させた。

 「身を守り、逃げるとき」「けがや病気に対応」「避難所での暮らし」など五つの章に分け、ほこりや煙を避…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文585文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです