メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

生き残る要因「想定外への備え」当時の教諭

 2011年3月の東日本大震災で、岩手県釜石市の小中学生は5人が犠牲になったが、学校にいた全員が無事だった。震災後、同市の防災教育に注目が集まった。市立釜石東中で当時、生徒と一緒に避難した教諭の斎藤真さん(45)=現・同県花巻市教委指導主事=は今、全国各地に招かれ、防災教育の大切さを説き続けている。1日は「防災の日」。【堀江拓哉】

 「生き残ることができた要因として言えるのは、想定外に備えたこと」。高知市で8月に開かれた防災教育研…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです