メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

生き残る要因「想定外への備え」当時の教諭

 2011年3月の東日本大震災で、岩手県釜石市の小中学生は5人が犠牲になったが、学校にいた全員が無事だった。震災後、同市の防災教育に注目が集まった。市立釜石東中で当時、生徒と一緒に避難した教諭の斎藤真さん(45)=現・同県花巻市教委指導主事=は今、全国各地に招かれ、防災教育の大切さを説き続けている。1日は「防災の日」。【堀江拓哉】

 「生き残ることができた要因として言えるのは、想定外に備えたこと」。高知市で8月に開かれた防災教育研…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文991文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  5. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです