メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大リーグ

大谷 苦手の左投手から4週間ぶり安打

ヒューストンでのアストロズ戦に出場したエンゼルスの大谷=AP

 3割を超える打率を残す右投手とは対照的に1割台半ばと苦しんでいた左投手から、エンゼルスの大谷翔平が8月3日以来となる久々の安打を記録した。会心の当たりとはいかなかったが、今後につながる一打となりそうだ。

 左腕相手に8月6日以来の指名打者に入った。手元で球を動かすバルデスに、二回は初球をはじき返したが二塁手の正面へ。五回は内角に食い込む球を当てた…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです