メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU欧州委

サマータイム廃止提案へ 市民ら8割超が望む

欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長=ロイター

 【ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)の欧州委員会は31日、サマータイム(夏時間)制度の廃止を加盟国に提案することを決めた。EU加盟国の市民らを対象に7~8月に実施したパブリックコメントで、84%が廃止を望んだ結果を重視した。制度変更には今後、加盟国と欧州議会の承認が必要になる。

 欧州委によると、サマータイム廃止の是非を問うパブコメにはEUで過去最高となる460万件の意見が寄せられ、加盟国別ではキプロスとギリシャ以外の26加盟国で過半数が現行制度の廃止を望んだ。ユンケル欧州委員長は同日、独公共放送ZDFのインタビューで「市民が望むようにすべきだ」と述べた。

 EUは3月の最終日曜日から時計の針を1時間進め、10月の最終日曜日に元に戻す制度を一律で加盟国に義務づけている。しかし近年、時間の切り替えが健康に与える悪影響などへの懸念が広がり、今年初めに加盟国フィンランドがEUに廃止を提案していた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. ご当地グルメ 鹿児島・あご肉 癖になる独特の食感
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです