メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスベスト訴訟

夫亡くした原告「被害者と向き合って」

 「国は最高裁に上告しないで、被害者全員を救済してほしい」

 原告の1人で、2011年に夫(当時63歳)を亡くした義経若枝さん(70)=京都市南区=は31日、厚生労働省前で訴えた。

 夫の大作さんは20代に5年間、九州の造船所で石綿の吹き付け作業を続けた。京都に移って30歳で結婚。せきやたんが出たが、病院でも原因は分からなかった。11年に石綿が原因のがんの腹膜中皮腫と判明。息苦しさや腹痛に苦しみ、診断か…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです