メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辺野古撤回

地元「待ちに待った」歓迎の声 複雑な表情も

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設阻止に向け、沖縄県が31日、名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認撤回に踏み切った。急逝した翁長雄志(おながたけし)氏の遺志を継ぐ決断を移設反対派は歓迎し、「何としても工事を止めたい」と希望を託す。一方で辺野古移設を進める安倍政権の強硬姿勢を踏まえ「結果は変わらない」との冷めた声もあり、沖縄には複雑な感情が渦巻いている。

 「翁長知事の思いに応えることができたのではないか」。午後4時、報道関係者であふれかえった県庁内の記…

この記事は有料記事です。

残り845文字(全文1076文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で大流行 患者数の約7割が6府県と三重
  2. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  3. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  4. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も
  5. 「AKB48」の握手会 はしか感染の男性参加 6日、大阪で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです