メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜・入院患者死亡

岐阜県が病院に立ち入り検査

Y&M藤掛第一病院=岐阜市一番町で2018年8月29日、大西岳彦撮影

 岐阜県は31日、フロン排出抑制法に基づきY&M藤掛第一病院に立ち入り検査をした。定期点検を怠っていたことがエアコン故障につながった可能性があり、点検の有無の裏付けを進める方針だ。

 立ち入り検査した結果、病院内のエアコン12台のうち11台が、法の対象となる室外機にフロンを使う業務用エアコンだった。関係者によると、いずれも設置から約15年が経過しているという。県は、最後に点検が実施された時期や機器の年式などについて…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文521文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. クレヨンしんちゃん 声優交代が“炎上”しなかった理由
  4. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  5. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです