メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

稀勢の里、再起へ収穫と課題 稽古総見

横綱審議委員会の稽古総見で稽古する稀勢の里(左)と鶴竜=東京・両国国技館の相撲教習所で2018年8月31日、丸山博撮影

 大相撲秋場所(9日初日、東京・両国国技館)を前に横綱審議委員会の稽古(けいこ)総見が31日、同館で行われた。8場所連続休場中の横綱・稀勢の里は、横綱・鶴竜や豪栄道、栃ノ心の両大関と計8番取り、再起に向け収穫と課題が出た。

 4番を取った豪栄道には最初、右上手が取れずに後退して土俵を割った。だが、動きの中で顔を張られると一転して押し相…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです