メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

柔道女子78キロ超級、高校生の素根輝が金

柔道女子78キロ超級決勝で優勝した素根輝(手前)=ジャカルタで2018年8月31日、宮間俊樹撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第14日の31日、柔道の女子78キロ超級が行われ、素根輝(あきら)=福岡・南筑高=が決勝で昨年の世界選手権3位の金※程(韓国)を降して、金メダルを獲得した。日本勢の同階級の優勝は2010年広州(中国)大会の杉本美香以来、2大会ぶり。高校生での優勝は1994年広島大会無差別級の阿武教子以来24年ぶりとなった。(※は王へんに民)

 18歳の期待のホープが最近の勢いそのままに、アジアの頂点まで一気に駆け上がった。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文522文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです