メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操パワハラ

主張対立、真相解明は第三者委に 

記者会見をする宮川紗江選手=東京都千代田区で2018年8月29日午後4時15分、藤井達也撮影

 体操の2016年リオデジャネイロ五輪女子代表の宮川紗江選手(18)がパワーハラスメント被害を訴えた問題で、日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長と夫の光男副会長は31日、宮川選手に文書で謝罪したうえで、パワハラの意図はなかったと釈明した。双方の主張の隔たりは大きく、真相解明は日本協会が設置する第三者委員会に委ねられる。

 塚原夫妻はこの日、代理人弁護士を通じた文書で、「私たちの言動で宮川選手の心を深く傷つけてしまったこ…

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文881文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. セクハラ防止 内閣府ポスター不評 深刻さ伝わる?
  3. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです