メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操パワハラ

クラブ指導者、協会幹部兼務に問題も

記者会見をする宮川紗江選手=東京都千代田区で2018年8月29日午後4時15分、藤井達也撮影

 女子体操界で表面化したパワハラ問題の背景には、強化責任者や協会幹部が名門クラブの指導者を兼任する構造的な課題がある。

 日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長は元五輪選手、塚原光男副会長は「月面宙返り(ムーンサルト)」の生みの親として知られる五輪金メダリストだ。2人が運営する朝日生命体操クラブは1974年設立で多くの五輪選手を輩出した強豪クラブ。代表選考や指導の実権を握る塚原強化本部長は、クラブの女子監督でもある。

 宮川紗江選手は今回の問題の背景には、「コーチを排除し、(自らを)朝日生命に入れる目的があった」と訴…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文663文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
  2. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  3. 苫小牧の国道 交差点で衝突事故 6歳女児と母の2人死亡
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです