メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

速見コーチ、地位保全申請取り下げ 協会処分確定で

 日本体操協会は31日、体操女子の宮川紗江選手(18)への指導中の暴力で、無期限登録抹消処分を受けた速見佑斗コーチ(34)の処分が確定したと発表した。速見氏は同日、東京地裁に申し立てた地位保全を求める仮処分申請を取り下げた。

     速見氏は「処分を全面的に受け入れ、反省し、一刻も早く指導復帰を果たすことこそが選手ファーストだという結論に至った」とした。日本協会は「暴力による指導が行われていないことが確認されれば、都道府県協会を通じて指導者としての再登録が可能」と説明した。速見氏は5日に記者会見する予定。【田原和宏】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
    2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
    3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
    4. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
    5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです