メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

ボクシング、成松大介が銅

ボクシング男子ライトウエルター級準決勝で敗れ、銅メダルを獲得した成松大介(手前)=ジャカルタで2018年8月31日、徳野仁子撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第14日の31日、ボクシング男子が行われ、ライトウエルター級準決勝で成松大介(自衛隊)がイクボルヨン・ホルダロフ(ウズベキスタン)に判定負けした。3位決定戦は行われないため、成松の銅メダルが確定した。

 手負いの状態で勝てるほど甘くなかった。相手は21歳の新鋭で、昨年の世界選手権2位の実績を持つ強敵。成松は自慢の左で勝利をたぐり寄せることはできなかった。

 29日の準々決勝で二回に相手選手とバッティングし、右側頭部付近から出血した成松。試合には負傷判定勝…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文533文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです