メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操パワハラ

暴力根絶を踏みにじった コーチ無期限処分

記者会見をする宮川紗江選手=東京都千代田区で2018年8月29日午後4時12分、藤井達也撮影

 日本体操協会の強化責任者らによるパワーハラスメント行為を巡る問題の発端は、2016年リオデジャネイロ五輪女子代表の宮川紗江(18)に対する速見佑斗コーチ(34)の指導中の暴力にあった。速見氏は31日、代理人弁護士を通じて「自分自身が行った暴力行為を素直に認め、いかなる理由によっても暴力行為は決して許される事ではないと深く胸に刻む」とする謝罪文を公表した。

 宮川は当初、速見コーチとの信頼関係の深さに触れ、「パワハラされたと感じていません」と強調した。しか…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文654文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです