メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

ボクシング連盟混乱渦中の成松 金届かず淡々

ボクシング男子ライトウエルター級準決勝で敗れた成松大介(右)=ジャカルタで2018年8月31日、徳野仁子撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第14日の31日、ボクシング男子が行われ、ライトウエルター級準決勝で成松大介(自衛隊)がイクボルヨン・ホルダロフ(ウズベキスタン)に判定負けした。3位決定戦は行われないため、成松の銅メダルが確定した。日本ボクシング連盟の混乱の渦中にいた成松は目標の金メダルには届かなかったが…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文354文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  4. 鹿児島 老人ホーム 1カ月で6人死亡 県が立ち入り
  5. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです