メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人・あきた

引っ越せる墓を発明 老舗石材店3代目・斉藤壽幸さん /秋田

 この道40年のベテラン。独自のアイデアで「引っ越しできる墓」を発明した。「自宅の引っ越しと同じように、墓も家族の近くに移動させたい」というニーズに応え、利便性を高めた自信作だ。

 従来は当然、移動を想定していない構造だった。だが「引っ越しできる墓」は、分解してトラックなどに積載し運搬可能。そして到着後に組み立てれば元通りになる。さらに耐震性もアップさせた。これまで東北地方を中心に県内外で100以上建てた。東日本大震災時、大きな揺れにもかかわらず、倒壊はなかった。

 大正から続く老舗石材店の3代目。22歳で父親に弟子入りし、家業を継いだ。必死で修業し、墓石だけでな…

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文846文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. シェアハウス 就労も手助け 母子世帯が共同生活

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです