メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いらっしゃい

農家 のっぽ農園=北杜市白州町 /山梨

「記憶に残る野菜を」

 8月、北杜市。畑には枝豆やキュウリが実り、周囲の水路には甲斐駒ケ岳から流れる透き通った水が流れていた。「のっぽ農園」は有機肥料と無農薬にこだわり、旬の野菜を育てている。オーナーの田中貴浩さん(28)は「食べた人の記憶に残る野菜を作りたい」という。

 農業で生活するには「連作障害」を避けるため、最低でも100アールの畑が必要とされる。1人で切り盛りする田中さんの畑は47アール。カルシウム、窒素、鉄などの天然由来成分をふんだんに使った肥料を使い、農薬を避けている。虫が湧きやすく、雑草の伸びも早い。手間はかかるが、取れる野菜は甘みとコクが…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文699文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです