メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチック危機

脱プラストロー、主役は17歳 リベラルな米西海岸、企業動く

メタル製のストローを持つオニールさん=米カリフォルニア州で

 プラスチックごみによる環境汚染が世界的な問題になる中、米西海岸で「脱プラスチック製ストロー」の動きが加速している。企業を「脱プラ」の方向に促したのは女子高校生らの声だった。環境保護政策を軽視するトランプ政権下、「国任せにはできない」とばかりに若者や地方自治体が先導する形で、取り組みが活発化している。【サンフランシスコで長野宏美】

 「ストローが海洋汚染の大きな要因になっているのをご存じですか?」

この記事は有料記事です。

残り1043文字(全文1242文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  3. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  4. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  5. デサント TOB「反対」1000人超署名 従業員の約3割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです