メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

精神障害者雇用なぜ増加? 法定雇用率対象に 企業も積極採用=回答・宇多川はるか

訓練する精神障害者たち=神奈川県藤沢市で

 なるほドリ 精神障害者を雇(やと)う会社が増えているんだってね。

 記者 企業や団体は障害者雇用促進(こようそくしん)法という法律で、雇った社員や職員の一定割合を障害者とするよう義務づけられています。これを「法定(ほうてい)雇用率(りつ)」と言います。政府は4月にこの率を2・0%から2・2%に引き上げました。また、率を計算する障害の対象は今まで「身体」「知的」でしたが、「精神」が新たに加わりました。100人を超す企業で法定雇用率が達成できないと“罰金(ばっきん)”を払わされることもあり、雇おうと懸命なのです。

 Q 精神障害は対象ではなかったんだね。

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文788文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 火災 アパートで1人の遺体発見 東京・三鷹
  3. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 厚労省、「遺品なし」理由
  4. 辺野古移設「反対」67.6% 沖縄県民投票の世論調査
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです