メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

精神障害者雇用なぜ増加? 法定雇用率対象に 企業も積極採用=回答・宇多川はるか

訓練する精神障害者たち=神奈川県藤沢市で

 なるほドリ 精神障害者を雇(やと)う会社が増えているんだってね。

 記者 企業や団体は障害者雇用促進(こようそくしん)法という法律で、雇った社員や職員の一定割合を障害者とするよう義務づけられています。これを「法定(ほうてい)雇用率(りつ)」と言います。政府は4月にこの率を2・0%から2・2%に引き上げました。また、率を計算する障害の対象は今まで「身体」「知的」でしたが、「精神」が新たに加わりました。100人を超す企業で法定雇用率が達成できないと“罰金(ばっきん)”を払わされることもあり、雇おうと懸命なのです。

 Q 精神障害は対象ではなかったんだね。

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文788文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです