メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー

移住促す ロヒンギャの地に仏教徒 バングラ批判狙いも

 【ニューデリー松井聡】仏教徒が多数派のミャンマーに隣国バングラデシュから仏教徒が移住するケースが続いている。移住先はミャンマーの少数派イスラム教徒ロヒンギャが集住する西部ラカイン州で、ミャンマー側は土地や家畜を無償提供しているという。仏教徒人口を増やすだけでなく、ロヒンギャ問題を巡り対立するバングラについて「仏教徒を差別している」と批判する狙いもあるようだ。

 事情に詳しいバングラの大学准教授によると、ミャンマーに移住しているのは国境を接するバングラのチッタ…

この記事は有料記事です。

残り1130文字(全文1361文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. ことば 寝屋川中1男女殺害事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです