メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 C級2組 長谷部四段 順位戦初白星飾る 粘り強く受け反撃決める

 <第77期順位戦C級2組 三枚堂達也六段VS長谷部浩平四段>

 今回は長谷部浩平四段を紹介しよう。栃木県出身の24歳だ。5歳の時に父に将棋を教わり、将棋道場や研修会に通って強くなる。升田幸三実力制第四代名人の将棋に憧れ、升田の孫弟子で当時研修会幹事だった大平武洋六段に弟子入りする。2007年、小学6年で研修会から奨励会へ昇級。ライバルひしめく黄金世代の中で地道に昇級・昇段を重ね、21歳で三段に。学業も両立させて宇都宮大教育学部に進む。初参加の三段リーグでは5勝13敗と負け越したが、その後10勝8敗、11勝7敗と着実に成績を上げ、17年度後期のリーグにおいて14勝4敗の成績で四段昇段を果たした。棋風は居飛車党で力戦型を得意とする。

 「本来は矢倉と言いたいんですが、今は急戦が多くて組ませてくれないので(笑い)。きれいな将棋でなくと…

この記事は有料記事です。

残り1052文字(全文1420文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. ご当地グルメ 鹿児島・あご肉 癖になる独特の食感
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです