メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たたなづく

「映像」から得られること伝えたい=河瀬直美

「なら国際映画祭2018」で行われたユース映画制作ワークショップの撮影風景=河瀬さん提供

 「なら国際映画祭」では、今年新設したプロジェクトにユース映画制作ワークショップとユース審査員がある。前者は中学生を対象にして、夏休み中に彼らの企画を映画化するというものだ。今回のサポートには金沢で始まった「こども映画教室」のスタッフに入ってもらい、特別講師に萩生田宏治監督を招聘(しょうへい)しておこなった。いつも東京を中心に活動されているみなさんを奈良にお呼びして、世界遺産の町で映画を製作するコラボレーションである。なら国際映画祭は、こうして次世代の育成において、さまざまなパートナーシップをとりながらユニークな場を創出することも心がけている。「こども映画教室」の方々の取り組みは今回関西に初めて紹介されることとなった。

 映像を通して、子供たちの感性が形になってゆくことはとてもすてきなことだ。昨今「映像」の持つ非常にリ…

この記事は有料記事です。

残り1253文字(全文1616文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉並のアパートで女性刺傷 搬送後に死亡、男が逃走か
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  4. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  5. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです