メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『視覚心理学が明かす名画の秘密』=三浦佳世・著

 (岩波書店・2700円)

 絵画と科学、別の分野と思っているが、実は通底している。

 例えば、フェルメールをはじめ室内を描く名画の大半では光が左上から射(さ)している。右利きの人にとってはこれが最も落ち着くらしい。逆にして光源を右に持ってゆくと非日常の緊迫感が得られる。

 視覚は目が得た情報を脳が処理して成立する。近年の研究でこの回路の解析が進み、人間がどう外界を見てい…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです