メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『唱歌の社会史 なつかしさとあやうさと』=永澄憲史、中西光雄ほか著

 (メディアイランド・2160円)

 「故郷」や「早春賦」「春の小川」など、誰もが知っている唱歌の数々。元は、戦前に文部省が小学校などで教えるよう指定した歌である。唱歌を歌詞付きで紹介し、それらが果たした社会的な役割を探る。地方紙『京都新聞』の連載と関連イベントの記録などをまとめた。

 近代日本形成期に国家の意志で教育現場にもたらされた歌であるが故に、戦後、歌詞が改変または削除された歌がいくつ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  2. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです