メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

正常圧水頭症の診断、不安=答える人・鮫島直之部長(東京共済病院・脳神経外科)

 Q 正常圧水頭症の診断、不安

 ペンギンのようにヨチヨチ歩きのため、つえをついています。頻尿がひどく、何度もトイレに行きます。正常圧水頭症と診断され、心配です。(京都府、男性、78歳)

 A 高齢でも改善できる

 症状から典型的な特発性正常圧水頭症と考えられます。脳と脳から腰にかけて伸びる脊髄(せきずい)の周りは髄液で満たされています。髄液は循環して体内に吸収されますが、高齢になると何らかの原因で吸収されにくくなり、脳室にたまって脳を圧迫し、脳の機能をまひさせます。これが特発性正常圧水頭症です。

 主に65歳以上で発症し、平均発症年齢は70歳前後です。学会の診療ガイドラインに基づく疫学調査では、…

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文934文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです