メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

正常圧水頭症の診断、不安=答える人・鮫島直之部長(東京共済病院・脳神経外科)

 Q 正常圧水頭症の診断、不安

 ペンギンのようにヨチヨチ歩きのため、つえをついています。頻尿がひどく、何度もトイレに行きます。正常圧水頭症と診断され、心配です。(京都府、男性、78歳)

 A 高齢でも改善できる

 症状から典型的な特発性正常圧水頭症と考えられます。脳と脳から腰にかけて伸びる脊髄(せきずい)の周りは髄液で満たされています。髄液は循環して体内に吸収されますが、高齢になると何らかの原因で吸収されにくくなり、脳室にたまって脳を圧迫し、脳の機能をまひさせます。これが特発性正常圧水頭症です。

 主に65歳以上で発症し、平均発症年齢は70歳前後です。学会の診療ガイドラインに基づく疫学調査では、…

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文934文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです