メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

柔道 お家芸、初代王座 混合団体、層の厚さ示す

【日本-カザフスタン】女子70キロ級で一本勝ちした田中(上)=ジャカルタで2018年9月1日、徳野仁子撮影

 (第15日・記録は共同など)

 柔道の混合団体決勝で、個人戦とほとんどの選手を入れ替えた日本が、選手層の厚さを見せつけた。発祥国として逃せない「初代王者」となった選手は表彰台で胸を張った。

 男女3人ずつで女子、男子の順で軽量級から男女交互に戦う混合団体。個人戦で7階級中6階級で金メダルを獲得して好調だった女子が流れを作った。1人目で登場した19歳の舟久保遥香(三井住友海上)は「勢いをつけよう」と得意の寝技で一本勝ちした。3人目の田中志歩(環太平洋大)も一本勝ちで3-0。勝てば優勝が決まる小林悠輔(旭化成)も「力を合わせて笑顔で帰る」と意気に感じた。こん身の内股で技ありを奪い、試合を決めた。団体戦のみに出場した選手が躍動した。

 正念場だった初戦の韓国との準々決勝を決めたのも今後に向けアピールしたい団体戦要員だった。2-3とリ…

この記事は有料記事です。

残り1056文字(全文1422文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです