メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パラ陸上

日本選手権 兎沢、アジア新 女子幅V

女子走り幅跳び(切断T63)決勝でアジア新記録の4メートル07で優勝した兎沢朋美=高松市の屋島レクザムフィールドで2018年9月1日、久保玲撮影

 パラ陸上の日本選手権が1日、高松市の屋島レクザムフィールドで開幕し、女子走り幅跳び(切断T63)で兎沢朋美(日体大)が4メートル07のアジア新記録で優勝した。4メートル06をマークした前川楓(チームKAITEKI)が2位。同T64のクラスは中西麻耶(うちのう整形外科)が5メートル42で制した。

刺激し合い成長

 19歳の兎沢と20歳の前川。ライバルとして互いを認め合う2人がそろって女子走り幅跳び(切断T63)のアジア記録を更新した。

 これまでのアジア記録は前川が樹立した4メートル05。この記録をまずは日体大2年の兎沢が3回目の跳躍…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文598文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  3. プロ野球 FA浅村、楽天決定
  4. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです