メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 (第15日・記録は共同など)

 野球の決勝で、社会人で構成する日本は全員がプロの韓国に0-3で敗れ、1994年広島大会以来6大会ぶりの優勝を逃した。2006年ドーハ大会以来、3大会ぶりの銀メダルとなった。

 勝利に喜ぶ韓国の選手たちを、しばらくぼうぜんと見つめた。主将の佐藤旭(東芝)は「金メダルを取れるチームを作ってきた自信があった」と悔しさをにじませた。先発の21歳、富山凌雅(トヨタ自動車)の制球が乱れて初回に2点を失ったが、その後は5投手の継投で1失点に抑えた。打線が韓国の梁〓種ら3投手を打ち崩せ…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文631文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
  2. 大阪震度6弱 塀倒壊で女児死亡 高槻市が和解金支払いへ
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. 大相撲 貴乃花親方 心変わり「親心」ゆえ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです