メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

ラグビー7人制 女子、中国降し頂点

 女子の日本が決勝で2連覇を狙った中国を7-5で降した。1日朝に決勝トーナメントの組み合わせが突然変わり、試合開始も3時間遅れたどたばたを苦にしなかった。

 中国との決勝で、日本は前半に18歳の平野優芽(日体大)のトライ(ゴール成功)で先制。後半に1トライを返されたが、粘り強く守って逃げ切った。日本は2016年リオデジャネイロ五輪で10位と結果を出せずに東京五輪へ巻き返しを図っている。稲田仁監督は「一人一人が体…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです