メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

ラグビー7人制 女子、中国降し頂点

 女子の日本が決勝で2連覇を狙った中国を7-5で降した。1日朝に決勝トーナメントの組み合わせが突然変わり、試合開始も3時間遅れたどたばたを苦にしなかった。

 中国との決勝で、日本は前半に18歳の平野優芽(日体大)のトライ(ゴール成功)で先制。後半に1トライを返されたが、粘り強く守って逃げ切った。日本は2016年リオデジャネイロ五輪で10位と結果を出せずに東京五輪へ巻き返しを図っている。稲田仁監督は「一人一人が体…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです