メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

サッカー 森保J、優勝逃す 延長2失点、韓国に屈す

【日本-韓国】延長前半、韓国の李承佑(中央)に先制ゴールを決められて肩を落とす日本の選手たち=インドネシア・ボゴールのパカンサリ競技場で2018年9月1日、宮間俊樹撮影

 (第15日・記録は共同など)

 男子の決勝で、東京五輪世代のU21(21歳以下)代表で臨む日本は前回覇者で原則23歳以下の韓国に1-2で敗れ、2大会ぶり2度目の優勝を逃した。フル代表と兼任の森保監督が率いる日本は0-0で突入した延長前半に2失点。延長後半に上田(法大)が1点を返したが及ばなかった。【共同】

 年齢でも格でも上回る韓国に食らいついたサッカー男子の日本は、最後に相手の底力を見せつけられた。0-…

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文737文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです