メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球

女子W杯 日本、全勝で6連覇

 【ビエラ(米フロリダ州)共同】女子野球のワールドカップ(W杯)は8月31日、フロリダ州ビエラで決勝が行われ、日本は台湾に6-0で快勝し、6大会連続6度目の優勝を果たした。今大会3勝を挙げたエースの里(愛知ディオーネ)が3大会連続で最優秀選手(MVP)に選ばれた。

     二回までに川端(埼玉アストライア)や三浦(京都フローラ)の適時打などで3点を先行。四回にも3点を加えた。里が5回無失点と好投し、田中露(尚美学園大)が締めた。日本は今大会を9戦全勝で終え、2012年大会1次リーグ第3戦からの連勝を30に伸ばした。

     3位決定戦はカナダが延長戦の末、米国を8-5で降した。

    里、3大会連続MVP

     日本の里が5回無失点と好投してチームを6連覇に導いた。エースの役割を果たして3大会連続の最優秀選手(MVP)に輝き「結果を出せて良かった。いろいろな思いが込み上げてきた」と涙を浮かべた。

     四回まで毎回走者を背負うなど絶好調ではなかったが、得点を許さなかった。二回には連打で無死一、二塁のピンチを招いたが、内角の変化球で見逃し三振を奪い、後続も抑えた。橘田監督は「ここという時に三振が取れるので、見ている方も安心」と信頼を寄せた。

     今大会は4試合に登板し、3勝0敗、防御率0・37。特に2次リーグの宿敵・米国との一戦はノーヒット・ノーラン達成まであと一人に迫る快投だった。各チームが「打倒日本」を目標に向かってきた中、今大会も圧倒的な実力を見せつけた。

     28歳のベテランは「選手でやっている以上、ここまででいいというのはない。他のチームの選手に『里はすごい』と言ってもらいたい」とさらなる高みを目指す。【共同】


     ▽決勝

    台湾 0000000=0

    日本 210300×=6

     (台)胡瀞文、黄巧芸、頼巧綺-李詩芸、林祈

     (日)里、田中露-船越

     (日本は6大会連続6度目の優勝)

    【共同】


    日本の女子野球W杯成績

     【1次リーグ】

    8月22日 〇 8-0 ドミニカ共和国

      23日 〇23-0 香港

      24日 〇 2-1 カナダ

      25日 〇 4-1 キューバ

      26日 〇 5-1 豪州

     【2次リーグ】

      28日 〇 3-0 米国

      29日 〇 2-1 台湾

      30日 〇10-0 ベネズエラ

     【決勝】

      31日 ○ 6-0 台湾

    【共同】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    3. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです