メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

安心のために/5 過疎の村「保育」に活路

食育の一環のみそ造り。つぶした大豆を丸める5歳児たちと坂崎隆浩園長(奥)=こども園ひがしどおり提供

 東京23区の半分ほどの面積にコンビニ1軒、信号は2カ所。青森県の下北半島北東部に位置し、原発も抱える東通(ひがしどおり)村に、唯一の幼児教育・保育施設「こども園ひがしどおり」がある。

 この日、5歳児クラスの食育プログラムがあった。「上手にできたなあ」。県産ヒバの香りに包まれた園舎で、つぶした大豆を丸め、みそ造りに取り組む子どもたちに園長の坂崎隆浩さん(58)は目を細めた。

 敷地面積は1万8695平方メートル。全国社会福祉協議会の2008年度の調査では、保育所の敷地面積の…

この記事は有料記事です。

残り1209文字(全文1447文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 統計不正 統計標語募集で「大喜利」状態 総務省職員は……
  2. 宇都宮ピークス 県内最高層マンション完成 /栃木
  3. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  4. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  5. 官兵衛神社、今秋に建立 姫路・地鎮祭に氏子ら100人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです