メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

安心のために/5 過疎の村「保育」に活路

食育の一環のみそ造り。つぶした大豆を丸める5歳児たちと坂崎隆浩園長(奥)=こども園ひがしどおり提供

 東京23区の半分ほどの面積にコンビニ1軒、信号は2カ所。青森県の下北半島北東部に位置し、原発も抱える東通(ひがしどおり)村に、唯一の幼児教育・保育施設「こども園ひがしどおり」がある。

 この日、5歳児クラスの食育プログラムがあった。「上手にできたなあ」。県産ヒバの香りに包まれた園舎で、つぶした大豆を丸め、みそ造りに取り組む子どもたちに園長の坂崎隆浩さん(58)は目を細めた。

 敷地面積は1万8695平方メートル。全国社会福祉協議会の2008年度の調査では、保育所の敷地面積の…

この記事は有料記事です。

残り1209文字(全文1447文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです