メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パワハラ

SNSで相談 スポーツ庁検討「選手声上げて」

 スポーツ庁の鈴木大地長官が1日、体操の2016年リオデジャネイロ五輪女子代表の宮川紗江選手(18)がパワーハラスメント被害を告発したことを受け、「弱い立場の選手たちが声を上げることは大事。スポーツ界をクリーンにする意味では正しい方向」と語った。選手ら現場の声が届きやすいようにソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を利用した相談窓口の開設も検討していることを明らかにした。

 公的機関の日本スポーツ振興センター(JSC)では、日本オリンピック委員会(JOC)の強化指定選手ら…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文498文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」
  3. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです