メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR岡山駅前

「ドレミの街」12月開業 フットサル場も

商業ゾーン「イコットニコット」の外観イメージ図

 耐震改修のため休館していたJR岡山駅前の商業ビル「ドレミの街」(岡山市北区駅元町)が12月7日、商業ゾーンとホテルなどで構成する新たな施設としてオープンする。ビルの大半を所有し、遊技場などを経営する成通グループ(岡山市)が発表した。【石川勝己】

     建物は地上7階・地下2階建て。新施設の中心となる商業ゾーン「イコットニコット」は地上5階~地下1階に整備される。地上2階にキーテナントの大型書店「TSUTAYA BOOKSTORE」が入り、カフェも併設する。地上6、7階にはホテル「アベストグランデ岡山」がオープン。20~40平方メートルの客室とカプセルホテルがあり、大浴場やフィットネスジムも備える。また、屋上にはフットサルコートを設け、サッカーJ2・ファジアーノ岡山が運営する。

     同グループ開発準備室は「『毎日を便利に楽しく』をコンセプトに、地元に愛される施設づくりを目指したい」と話している。

     旧ドレミの街は1978年、スーパー・ダイエーを核テナントに開業。その後、ダイエーが撤退し、2016年9月に休館して耐震改修工事を進めていた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです