メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現代アート

山形ビエンナーレ開幕 映画上映や交流会

オープニングセレモニーで音楽ライブを行う荒井良二さん(中央)=山形市の文翔館で2018年9月1日、二村祐士朗撮影

 山形市を舞台に2年に一度、開催される現代アートの祭典「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2018」が1日、開幕した。24日までの期間中、国内外で活躍する芸術家の作品が同市内で楽しめる。1日は県郷土館「文翔館」(山形市旅篭町)でオープニングセレモニーがあり、訪れた人々は2年ぶりの開幕に胸を高鳴らせていた。【二村祐士朗】

 この日のセレモニーには約380人が集まり、芸術祭全体の芸術監督を務める絵本作家・荒井良二さんと東北…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
  3. 安定感増したチェン、2連覇 羽生演技にも動ぜず 世界フィギュア
  4. 宇野、覚悟のフリーも170点台 不完全燃焼
  5. 「跳ぶ使命感」 勝負師・羽生、思い込めた4分間 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです