メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本パラ陸上

トップアスリートが熱戦 四国初開催

競技用車いすでトラックを駆ける選手=高松市の屋島レクザムフィールドで2018年9月1日、山口桂子撮影

 「第29回日本パラ陸上競技選手権大会」が1日、高松市屋島中町の屋島レクザムフィールドで開幕した。四国で初めての開催となった同大会には大勢の観客が訪れ、トップアスリートの懸命な姿に拍手を送った。大会は2日まで。

 時折小雨が降る中、午前9時15分に開会。視覚障害があり高松を拠点に活動する田中司選手(23)=三井住友海上=の選手宣誓後、トラック▽跳躍▽投てきに分かれて競技が始まった。

 競技用の車いすに乗った選手がトラックを駆け抜けると水しぶきが上がり、観客らは白熱したレースに歓声を…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文502文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  3. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置
  4. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです