メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛知・瀬戸

小5男児被害の強盗は虚偽 「お金落とした」

 愛知県警瀬戸署は1日、同県瀬戸市で8月31日夜に起きたと発表した強盗事件は、被害者とされた同市の小学5年男児(10)の虚偽申告だったと発表した。

     同署によると、男児は31日午後8時ごろ、同市の歩道を歩いていて、マスクをつけた20歳ぐらいの男に顔を殴られ、1000円を奪われたと母親を通じて110番した。その後、同署に「(近くのコンビニに買い物に行く途中で)お金を落としたことを正直に言えなかった」と打ち明けた。【小倉祥徳】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
    2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
    3. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
    4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
    5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです