メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富山

「おわら風の盆」始まる 秋の訪れ告げる

編みがさをかぶり優美な踊りを披露する踊り手たち=富山市で2018年9月1日午後7時49分、猪飼健史撮影

 秋の訪れを告げる「おわら風の盆」が1日、富山市八尾(やつお)町で始まった。編みがさを目深にかぶった男女が、哀愁を帯びた胡弓(こきゅう)の音色に合わせて踊りを披露し、幽玄な雰囲気が広がった。3日まで。

 立春から210日目、9月1日からの3日間を「風の盆」と呼ぶ。五穀豊穣(ほうじょう)の祈りが込められ…

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文318文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. セクハラ防止 内閣府ポスター不評 深刻さ伝わる?
  3. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです