メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加藤清正

虎皮を贈られ礼状 豪商の伝来文書から発見

加藤清正が後藤勘兵衛から「虎皮1枚と大皿10枚」を贈られて出した礼状=京都市中京区の京都文化博物館で、南陽子撮影

 「虎退治」の猛将として知られる加藤清正(1562~1611年)が正月祝いに虎皮を贈られ、喜びをつづった礼状が、京都を拠点に刀装具の製作を手掛け、豪商でもあった後藤勘兵衛家の伝来文書から見つかった。豊臣秀吉が16世紀末に朝鮮に侵攻した「文禄・慶長の役」で武将らは虎を狩り、秀吉に肉などを贈ったとされる。清正は青年時代に「虎之助」とも名乗っており、研究者は「虎にまつわるエピソードを踏まえた贈り物だったのでは」と注目する。

 勘兵衛家は室町時代に興った金工師、後藤家の分家。刀装具を扱った他、金貨の鋳造、大名への資金貸し付け…

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文852文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 黒部ダムカレー 愛され10年 年間5.7万食売り上げ
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. クックパッドニュース [作ってみた]話題の「ダムカレー」は〇〇を使えば簡単にできた!!
  4. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  5. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです