メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

ボランティア面接始まる 大阪

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の開催を控え、大会ボランティア希望者への説明会と面接の場となるイベントが東大阪市で全国に先駆けて開かれ、報道陣に1日、公開された。今回の大阪を含め開催地となる12都道府県で12月までに順次、イベントを開催。これまでに約3万8000人が応募しており、組織委員会は1万人に絞り込む。

 8月31日から9月2日までイベントが開かれる東大阪市の会場では、インターネットで応募し、抽選を通過…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文470文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです