メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

水球男子 日本、逆転負けで「銀」

水球男子決勝でカザフスタン(手前)に敗れて準優勝となり引き揚げる日本の選手たち=ジャカルタで2018年9月1日、徳野仁子撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第15日の1日、水球男子決勝があり、日本はカザフスタンに7-8で逆転負けして、1970年バンコク大会以来48年ぶりの金メダルを逃した。直近の6大会で5度の優勝を誇る難敵が高い壁となって立ちはだかった。

 海外の強豪国に比べ体格で劣る日本の武器は相手のパスライン上に入ってパスを奪い、そのままカウンター攻撃に転じる「パスラインディフェンス」だ。水球の常識を覆す独自の超攻撃型な戦術で世界と渡り合える…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文527文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 盗撮 法の不備あらわ 被害者、流出おびえ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです