メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子ゴルフ

比嘉、1打差2位 第2R

 女子ゴルフのゴルフ5レディース(岐阜・ゴルフ5カントリーみずなみ=6545ヤード、パー72)第2日は1日、サスペンデッドになっていた第1ラウンドの残りと第2ラウンドがあり、暫定首位からスタートした申ジエ(韓国)がスコアを四つ伸ばし、通算12アンダーとした。1打差で第2ラウンドベストスコアとなる64をマークした比嘉真美子が追う。さらに1打差で小祝さくらと李知姫(韓国)が並んだ。通算イーブンパー、50位タイまでの56人が決勝ラウンドに進んだ。大会連覇を狙ったO・サタヤ(タイ)は予選落ちした。

    勢い味方に「横綱戦」へ

     比嘉の勢いが止まらなかった。第2ラウンドはボギーなしの1イーグル、6バーディー。一気にスコアを八つも伸ばした。サスペンデッドになっていた第1ラウンドの残りホールでも一つバーディーを奪い、計20ホールをこなして「疲れました」と笑った。

     10番(パー5)のイーグルが圧巻だった。ピンまで残り168ヤードの第2打で7番アイアンを選び「フルショットで打てた。もしかして(入るかと思った)」と感触は十分だった。手前から転がりカップの奥40センチにつける。もう少しでアルバトロスとなる絶妙のショットになった。

     8月の全英リコー女子オープンでは4位タイの好成績。メジャーの舞台で4日間を上位で戦い抜き「自信になった」と新たな手応えも手に入れた。

     結婚することを明らかにしている大相撲の勢は、9日から始まる秋場所での番付が東前頭筆頭。序盤で横綱戦を迎える地位にある。最終日最終組で比嘉とともに回るトップの申ジエは、2009年の米ツアー賞金女王で、10年に世界ランキング1位となった実力者だ。「私も明日は横綱戦」と比嘉。強敵を倒して今季2勝目を狙っていく。【藤田健志】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
    2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
    5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです