メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

日本、延長で韓国に敗れ銀 サッカー男子決勝

サッカー決勝【日本-韓国】延長前半、韓国の李承佑(中央)に先制ゴールを決められて肩を落とす日本の選手たち=インドネシア・ボゴールのパカンサリ競技場で2018年9月1日、宮間俊樹撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第15日の1日、サッカー男子の決勝があり、森保一監督が率い、2020年東京五輪世代のU21(21歳以下)で臨んだ日本は、U23の韓国と対戦。延長の末、1-2で敗れ銀メダルとなった。10年の中国・広州大会以来、2大会ぶりの金メダル獲得はならなかった。

 日本は、延長前半3分に李承佑(イ・スンウ)に先制ゴールを決められると、11分には黄喜燦(ファン・ヒチャン)にもゴールを許した。日本は延長後半10分にFW上田綺世が今大会3点目のゴールを決めて、反撃したが及ばなかった。

 韓国はU23での編成。孫興民(ソン・フンミン)ら今年のワールドカップ・ロシア大会のメンバーもオーバーエージ枠などで参加しており、試合を通じて主導権を握り、何度も日本のゴールを脅かした。日本は、ディフェンスがよく守り、前後半を無失点に抑えたが、延長戦で力尽きた。

【デジタルメディア局】

アジア大会サッカー男子決勝【日本・韓国】韓国FWソン・フンミンの突破を防ぐ日本のDF杉岡大暉(左)=AP
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 事故 声優の平野綾さんが追突 けがなし 東京
  2. 沖縄県警 県営住宅に女性遺体 打撲痕あり
  3. 古典落語 英・中・韓3カ国語で上演 大阪で28日
  4. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者
  5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです