メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大リーグ

エンゼルス・大谷、3カ月ぶり登板 2回1/3を2失点 160キロ好発進、三回に被弾

 【ヒューストン共同】米大リーグ、エンゼルスで右肘の内側側副靱帯(じんたい)損傷のため投手出場を控えていた大谷翔平(24)が2日、ヒューストンの敵地ミニッツメイド・パークで行われたアストロズ戦に先発として6月6日以来のメジャー登板に臨み、約3カ月ぶりに投打の「二刀流」が復活した。結果は三回に2ランを浴びて2回3分の1を2安打2失点で降板し、5勝目を逃した。大谷は6月8日に故障者リスト入り。7月3日に打者先行で復帰した。

 全米中継された注目の復帰戦。エンゼルスの大谷は96マイル(約154キロ)を球場に表示させて再スター…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文677文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 株主総会 日産のゴーン氏、謝罪せず 不正検査質問に
  4. プロ野球 広島がリーグ3連覇 27年ぶり本拠地で決める
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです