メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

「化学兵器」懸念再び 反体制派最後の拠点、総攻撃か 米「使用なら強力に対処」

シリア・イドリブ県

 【カイロ篠田航一】2011年から内戦が続くシリアで、反体制派に残された最後の重要拠点・北西部イドリブ県に対するアサド政権の総攻撃が近いとの観測が強まっている。政権軍がイドリブ県を制圧した場合、内戦における政権側の勝利が事実上固まる。政権軍はこれまで反体制派の支配地域を攻撃する際、多数の死者を出す化学兵器を使用した疑いが度々浮上していることから、反体制派からは「再び虐殺が起きる」との懸念も出ている。

 「国際社会はアサド政権に厳しい姿勢を見せるという『ショー』を演じてきただけで、実際は政権軍の蛮行を…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文808文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. モルディブ 野党連合のソリ氏、大統領に
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 教育の窓 ランドセルが重い 教材置いてっていいですか
  5. 「灯り路」 秋夜に浮かぶ中山道 柔らかな光楽しむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです