メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

ありのままを見守って 情報過多の時代、親が子どもにできることは 小児科医 高橋孝雄・慶応大教授

小児科医の高橋孝雄さん

 夏休みが終わり、新学期が始まった。休み明けは、子どもの自殺が1年で一番多い時期でもある。厳しい社会を生きる子どもに、親としてできることは何か。小児科医として何万人もの子どもたちに接してきた慶応大医学部教授の高橋孝雄さん(61)に尋ねた。【田村彰子】

 高橋さんは子どもの神経機能や知能、心の問題などを扱う「小児神経」が専門で、てんかんや発達障害の子どもたちも多く診てきた。また、日本小児科学会会長を務めている。今月6日に育児をテーマにした本「小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て」を出版すると聞き、慶応大病院を訪れると、こんな事例を紹介してくれた。

 「生きることのできた、世界で2番目に小さい赤ちゃんは2006年、この病院で生まれました。25週目に…

この記事は有料記事です。

残り2362文字(全文2687文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  2. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  3. 記者の目 「多死社会」変わる弔いの現場 自分の死と向き合おう=山口知(大阪社会部)
  4. WEB CARTOP 欧州車にも負けない美しさ! 天才デザイナーが手がけた日本車7選
  5. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです