メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの扉

カラパロ エイ 天に一歩近づく椅子

東京都庭園美術館

 なんともキュート。ベイ・コレクションの、ブラジル先住民が作った椅子を紹介する本展で、エイの椅子の前から離れられなくなった。

 真上から見た時の形状が秀逸だ。真四角に近い楕円(だえん)形で、凹凸をつけて目が表現されている。座面はごく薄い。装飾をそぎ落としたシンプルな形だが、尾から目のあたりにかけてわずかに隆起するふくらみが美しい。カラパロというブラジル中部の内陸部に住む先住民の手によるもので、現地の川には淡水エイが生息するという。

 椅子に座ると地面に座る人より、少し天に近くなる。だから、男性シャーマンや長老が社会的地位を示すため…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  4. 勝利に両手、両膝をコートに 錦織「とても幸せ」 全豪テニス3回戦進出
  5. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです